企業が業務を遂行する中で、アウトソーシングを活用することがあります。また、近年はクラウドソーシングなど、外部のリソースを広く調達できるしくみも普及し、よりアウトソーシングすることが容易となってきました。

◆アウトソーシングとは?

企業が自社の業務を外部の専門業者などに委託すること。

外部(アウト)から調達(ソーシング)するという意味です。

技術やノウハウを持たない企業でも、外注することで、専門性の高い業務や新規事業などに進出することが可能になります。自社で正社員を育成する場合に比べ、短期間かつ低コストで済むため、経営資源を有効活用も出来ます。

それはどんな業務がアウトソーシング出来るのでしょうか?

例えば

・物流業務(配送・在庫管理など)

・事務業務や受付業務(経理・総務・人事など)

・店舗運営に関する業務(店頭販売・販売促進など)

・高度な専門的知識を要する業務(法務・会計、システム開発・Webサイト構築など)

など様々な業務がアウトソーシングされています。

◆アウトソーシングのメリットとは

・コアな業務に集中できる

・コスト削減が実現できる

・業務の処理速度と品質を高める

・自社の組織の肥大化を防ぐ

・人件費を抑えることができる

というところでしょうか。

◆アウトソーシングのデメリットとは

・ノウハウが蓄積できなくなる可能性がある

・外部とのやり取りが増えることで、全体の業務がかえって煩雑化してしまう可能性      がある

・外部へ自社の機密が漏洩してしまう可能性がある

アウトソーシングは、人手不足やコスト軽減のための有効な経営手法です。

市場の変化が激しく、グローバルな競争が激化している現代の企業運営にとって、積極的なアウトソーシングの導入は重要な経営課題となります。

当社は採用に特化をしたアウトソーシングをしていますが

様々な業務のアウトソーシングのメリットとデメリットを把握して、導入を検討してみてはいかがでしょうか。