採用難が叫ばれる今、求人掲載をしているだけでは、人材紹介にお願いするだけでは、

なかなか採用が出来ない状況が続いています。

応募者は1社だけ受検しているということはあり得ないですから

一人でも多くの人に選ばれる会社にならないといけません。

「選ばれる採用」をするにはどのようにしたらいいでしょうか。

 

これまでの採用と言えば筆記試験や面接で応募者を

落とすイメージだと思います。

「選ばれる採用」とは応募者の方に興味を持ってもらえることです。

 

◆会社説明ではなく志望動機を教えてあげる

 

採用担当者はミスマッチがないように説明し尽くしてしまいがち。

説明をやめて志望動機を教えてあげましょう。

志望動機を教えるとは「ここがすごい」「他社にはない」と

応募者が自ら言えるようなネタを伝えていけばよいのです。

・社長のこんなところがすごい

・商品力や技術力

・会社のカラー

・社員の想い

など。

 

会社規模も小さいし、差別化できるポイントなんてない…

なんて言わずに規模が小さいなりの特徴があると思います。

・社長との距離の近さ

・勤務地、職種が選べる

・物事の決断が早い

など。

 

 

 

「また話を聞いてみたい」と思われるような説明ができれば、

企業規模に関係なく、応募者を惹きつけられる可能性が高いのです。

応募者目線で何事も考えて選んでもらえる採用をしましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です