クロージングとは契約に至る最終プロセスです。

お客様に意思決定してもらい、契約を成立させる

という部分がクロージングにあたります。

これは営業の仕事においてですが

採用でもクロージングが当てはまります。

候補者に意思決定をしてもらい内定を承諾してもらうことです。

選考段階からクロージングできることは何でしょうか。

 

 

◆名前を呼ぶ

「●●さん」と面接前にあいさつをする、

面接中も履歴書を見ないで「●●さん」と呼ぶ

 

その他大勢ではなく特別感が出てきます。

 

簡単なようで毎回覚えないといけないので努力が必要です。

 

◆就活キーワードを伝える

誰しも会社を選ぶときに何かしらのキーワードをもって活動しています。

 

社会貢献したい、人のためになる、実力を発揮できる、

安定した生活を送りたい、収入を増やしたい

などなど

 

このキーワードを面接官が探り、面接の最後にでも

キーワードを使って会社アピールをしてみてください。

 

きっと心にグッと残るはずです。

 

◆働くイメージを持ってもらう

「もしあなたがこの会社で働いていると仮定して

こんなことが起こった場合どうしていますか?」

 

という質問があったとしたら、

この会社で働くということが身近になります。

 

 

◆内定理由の開示

内定通知を送付するだけではなく、評価ポイントを伝えてあげましょう。

テストの点数で合格が決まる学校と違い

どこを評価されたのか、具体的に教えてもらえると意欲はあがります。

 

 

 

 

 

 

どれも小さなことですが、意外と準備が必要です。

「塵も積もれば山となる」

内定通知したときには「頑張ります!」と言ってくれたのに、入社を断られてしまった。

そんなことがないように出来ることからコツコツと進めていきましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です