近年、日本でもダイレクトリクルーティングに取り組む企業が増えています。

転職活動をされている方はもしかしたら

知らず知らずのうちにダイレクトリクルーティングで転職しているのかもしれません。

ダイレクトリクルーティングとは、人材紹介会社や求人サイトなどの

第三者を介入させずに、SNSや人材データベースから求める人材を探し、

直接連絡を取って採用する手法のことです。

 

 

★メリット

 

何と言っても求めている人材に直接アプローチできる点です。

転職を考えていない層にもアプローチすることが可能。

企業と候補者が直接理解し合う機会を設けるため、採用のミスマッチも減らせます。

 

そして、採用コストの削減。

主要求人サイトであれば、掲載するのに数十万円がかかります。

人材紹介も予定年収の35%が一般的。

それに比べてダイレクトリクルーティングは第三者を介入しないため

コストが抑えられます。

 

★デメリット

 

それは労力。

確実に他の手法に比べて時間がかかります。

そのためダイレクトリクルーティングによる採用活動を始めたことで

業務量や負担が増えてしまい、その他の業務が疎かになるリスクもあります。

「この候補者の連絡をしてからやろう」と思っていて

どんどん後回しになってしまう、そんな経験がありました…

 

 

 

 

 

 

優秀な人材は待っていても来ない時代です。

AI(人工知能)を活用して採用を進められる業務もありますが

ダイレクトリクルーティングはAIには出来ない労力がかかる業務。

攻めの採用で進めていきましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です