超売り手市場の今、「求人サイトの応募だけを待っています。」

という採用担当者は少ないと思います。

待つ採用ではなく攻めの採用のスカウトメールも活用しているはずです。

みなさまはどのような工夫をしてしますか?

◆ターゲットを明確にする

誰に送るのか?

・未経験の人

・経験者の人

・ログイン日が最近の人

・ログイン日が3ヵ月以上の人

それぞれ思い描いている転職が違いますので

その方にあった内容で送るのがよいですね。

◆希望条件欄をチェックする

どんなによい会社から、どんなによい採用担当者からメールがきたとしても

希望条件にあわなければすぐスルーです。

求職者の希望する業界、職種、雇用形態、年収、勤務地等を確認しましょう。

特にあなたの希望のココを確認してメールを送りました。

と送ると特別感も出て興味をもってもらいやすいです。

会社紹介はわかりやすく

専門用語、業界用語は絶対に使わないでだれでもわかりやすい文章にしましょう。

現在と未来の情報も付け加えます。

「もっとこの会社のことを知りたい」と思えるよう全ては伝えずに、面談に誘導する形で締めるのも効果的です。

「誰にでも送っている定型的なスカウトメールでしょ。」

と思われてしまわないように、埋もれないように、

小さな工夫やこだわりで返信数や開封率に大きな違いを生むことになります。 相手を振り向かせるスカウトメールを作成し、優秀な人材を採用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です