レジュメでスキルを判断することも大切ですが

面接で人柄や志向を見極めることが一番大切なのではないでしょうか。

出身校は、スキルは、資格は、とレジュメを熟読しがちですが

どんなによい学校を出て、よいスキルが合って、すごい資格を持っていても

会社になじむことが出来なければ活躍は出来ません。

 

面接官は面接の場でなじむ人なのか見極めましょう。

 

◆前職の社風を聞いてみましょう。

 

特に5年以上在籍している方の場合、その会社の社風がベーシックなものとして

身についている可能性があります。

メーカー系、IT系、営業系と会社の風土は様々。

どんな考えに共感しているのか、どんなところがなじまなかったのか

判断をしましょう。

 

◆コミュニケーション力

・周囲とのコミュニケーションを円滑に行う上でで、大事なことは何だと思いますか?

・先ほど〇〇と回答されましたが、それはなぜですか?

 

応募者のポリシーがわかると同時に、コミュニケーションに対する

考え方も知ることのできる質問です。

そのポリシーが社風に合うかどうか判断する基準になります。

 

◆社内に親友になれそうな人がいるか

 

その人の親友になりそうな人、気の合う人が社内にいるかどうかを

確認するのもひとつの手です。

もし、気の合う仲間が見つかるならば

愚痴の一つも言い合うことが出来てどんどんなじんでいきます。

 

 

 

 

 

面接時は評価も良く、会社になじみそうだなと思っていたにも関わらず

入社後、会社になじめなくて、辞めてしまう…

ということがないようにしっかりと面接で見極めましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です